テッチャン

【意味】 テッチャンとは、牛の大腸。

【テッチャンの語源・由来】

韓国語で「大腸」のこと。
「テ」が「大きい」を表し、「チャン」が「腸」を表す。
「小腸」の場合は、「コッチャン」という。
「豚のテッチャン」として売られるものは、普通、豚の胃袋で、テッチャンがホルモンの一部であることから派生したものである。

【関連語】

胃(い) イチボ ウシ・牛(うし)
ガツ カルビ ギアラ
ゲタ(肉) コブクロ コリコリ
サーロイン サガリ シビレ
シマチョウ シンタマ センマイ・千枚
タン チレ ツラミ
テール テッポウ(直腸) テンダーロイン
肉(にく) ハチノス・蜂の巣 ハツ
バラ肉(ばらにく) ハラミ ビーフ
ヒレ・フィレ・ヘレ フォアグラ ブタ・豚(ぶた)
ホルモン マメ(腎臓) ミート
ミノ モツ ヤオキモ
ヤサキ ランプ(肉) レバー
ロース

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス