手当て

【意味】 手当てとは、前もって準備しておくこと。事態に応じて処置すること。準備。病気やけがの処置をすること。労働の報酬。また、基本給の他に支払われる賃金。心づけ。チップ。

【手当ての語源・由来】

手当ての語源には、病気やけがをした際、患部に手を当てて治療したことからといった俗説が通説となっているが、「手当て」という言葉に「処置」の意味があるから、病気やけがの治療の意味にも用いられるようになっただけであり、この治療法を語源とするのは間違いである。
報酬やチップなど金品の意味で「手当て」が用いられるのも、労働などの対価として処置するという意味からで、この意味では江戸後期から使われている。
手当ての「手」は、「手が足りない」という際の「人手」のこと。
手当ての「当て」は、「充当」の意味で、何か事をなすときに人手を当てることから、「準備」や「処置」の意味で用いられるようになったのである。

【関連語】

当たる(あたる) 癒す(いやす) 上前を撥ねる(うわまえをはねる)
御足・御銭(おあし) お裾分け(おすそわけ) お膳立て(おぜんだて)
お年玉(おとしだま) 掠り・擦り(かすり) 金(かね)
ギャラ ケア ケガ・怪我(けが)
現ナマ(げんなま) 香典(こうでん) 志(こころざし)
心付け(こころづけ) 熟す(こなす) 捌く(さばく)
支度・仕度(したく) 出張(しゅっちょう) 備える・具える(そなえる)
駄賃(だちん) 段取り(だんどり) チップ
繕う(つくろう) 手(て) 手筈(てはず)
トリートメント 計らう(はからう) ピンはね
プレゼント ボーナス みかじめ料(みかじめりょう)
メンテナンス 病(やまい) 利息(りそく)
リベート

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス