【意味】 手とは、人体の肩から出ている部分。手首、手首から指先、手のひら、指などをさすこともある。俗に動物の前肢をいうこともある。

【手の語源・由来】

語源には、「とり(取・執)」の約転、「いで(出)」の意味、「たべえ(食得)」の意味、「とらえ(捕)」の意味、「はて(果)」の上略など諸説ある。
「手」の字音は、漢音が「シュウ」、呉音が「シュ」で、物を「取・執(しゅ)する」。
つまり、「とる」意味や、「守(とられぬよう持つ)」「受(しっかり持つ)」といった意味からきている。
「て(古形「た」)」が、必ずしも漢字の由来と同じではないが、「とり(取・執)」の約転とする説が良いであろう。

【関連語】

合いの手(あいのて) 足・脚・肢(あし) 腕(うで)
お手盛り(おてもり) 腕(かいな) 拍手(かしわで)
肩(かた) 勝手(かって) 勝手口(かってぐち)
体(からだ) 切手(きって) 首・頸(くび)
グローブ 拳固(げんこ) 拳骨(げんこつ)
拳(こぶし) サウスポー シテ・仕手(して)
じゃんけん 上手(じょうず) 掌(たなごころ)
手向け(たむけ) 手水(ちょうず) 翼(つばさ)
爪(つめ) 手足口病(てあしくちびょう) 手当て(てあて)
手形(てがた) 手紙(てがみ) 手薬煉を引く(てぐすねをひく)
手管(てくだ) 手首(てくび) 手児(てこ・てご)
手塩に掛ける(てしおにかける) 手ずから(てずから) 手玉に取る(てだまにとる)
手拭い(てぬぐい) 手のひら(てのひら) 手ぶら(てぶら)
手間(てま) 手前(てまえ) 手前味噌(てまえみそ)
手を拱く(てをこまねく) 手を染める(てをそめる) 手を焼く(てをやく)
取る(とる) 殴る(なぐる) 握る(にぎる)
二の腕(にのうで) 人間(にんげん) 濡れ手で粟(ぬれてであわ)
派手(はで) 羽・羽根・翅(はね) 肘・肱・臂(ひじ)
左ぎっちょ(ひだりぎっちょ) 人(ひと) 下手(へた)
孫の手(まごのて) マニキュア 持つ(もつ)
指(ゆび) 脇・腋(わき)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

手(て)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
手のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典
「手」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス