デバガメ

【意味】 デバガメとは、のぞきの常習者。変質者。痴漢。

【デバガメの語源・由来】

デバガメは、本来は「デバカメ」と言い、女湯のぞきの常習者であった植木職人池田亀太郎のあだ名から。
明治41年(1908年)3月22日、東京の大久保で亀太郎が風呂帰りの女性を襲い、乱暴したあげく殺害する事件を起こし、亀太郎のあだ名「デバカメ」から、のぞきの常習者や変質者を「デバカメ」と呼ぶようになり、やがて「デバガメ」となった。
当時はデバガメの事件から、変質行為を「出歯る(でばる)」と言うまでになった。
このあだ名は、亀太郎が出っ歯だったとする説が有名である。

【関連語】

渾名・綽名(あだな) 嫌らしい(いやらしい) エッチ
エロス 亀(かめ) 下種(げす)
好色(こうしょく) スケベ・助平(すけべ) セクハラ
覗く(のぞく) 歯(は) バス(風呂)
ハレンチ・破廉恥(はれんち) 卑猥(ひわい) 風呂(ふろ)
ポルノ 淫ら・猥ら(みだら) 湯(ゆ)
夜這い(よばい) 猥褻(わいせつ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス