出刃包丁

【意味】 出刃包丁とは、和包丁の一。刃幅が広く、峰が厚くて重い、先のとがった包丁。魚をおろしたりするのに用いる。出刃。

【出刃包丁の語源・由来】

出刃包丁は、元禄の時代に大坂の堺で作られたものである。
出刃包丁の語源は、開発した堺の鍛冶職人が出っ歯であったことから、「出っ歯の包丁」の意味で「出歯包丁」と呼ばれ、刃物なので「刃」が当てられて「出刃包丁」になったとする説が通説となっているが、正確なことは解っていない。

【関連語】

合口・匕首(あいくち) 斧(おの) 鍛冶(かじ)
刀(かたな) 鎌(かま) カンナ・鉋(かんな)
キッチン 錐(きり) 切る・斬る・伐る(きる)
ギロチン 厨(くりや) サーベル
魚(さかな) 台所(だいどころ) 鏨(たがね)
竹光(たけみつ) 太刀(たち) 剣(つるぎ)
出る(でる) ドス ナイフ
薙刀・長刀(なぎなた) 鉈(なた) 鈍ら刀(なまくらがたな)
ノコギリ・鋸(のこぎり) ノミ・鑿(のみ) 刃(は)
歯(は) ハサミ・鋏(はさみ) 包丁(ほうちょう)
矛・鉾(ほこ) 鉞(まさかり) まな板(まないた)
峰(みね) メス(小刀) 銛(もり)
刃(やいば) やす 柳刃包丁(やなぎばぼうちょう)
槍・鑓・鎗(やり)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス