ターキー

【意味】 ターキーとは、七面鳥。ボウリングで、ストライクを三回続けて出すこと。

【ターキーの語源・由来】

ターキーは、英語「turkey」からの外来語で、「トルコ」を指す語であるが、ターキーの原産地はトルコではない。
「ターキー(トルコ)」が「七面鳥」を表すようになったのは、混同が続いたたことによる。
七面鳥はメキシコから中米、また、北米やカナダに広く野生しており、現地では美しい神聖な鳥として「pavo(パヴォ)」と呼ばれていた。
これをスペイン人が持ち帰たことで、七面鳥は地中海沿岸地域にも広まり、ヨーロッパ北部やイギリスでも家禽として飼育されるようになった。
その七面鳥が「ターキー」と呼ばれるようになり、アメリカに戻って家禽となったのだが、この間トルコは経由していない。
ヨーロッパでは、東方の異国やイスラム世界から伝来したものには、何にでも「ターキー(トルコの意)」を冠することが多く、日本で言う「ホロホロ鳥」も「turkey cock(トルコ鶏)」と呼ばれていた。
スペイン人が持ち帰った七面鳥は、異国から伝来したものであることや、ホロホロ鳥に似ていたことから、ヨーロッパでは「ホロホロ鳥」と同じ「turkey cock(トルコ鶏)」と呼ぶようになってしまった。
その後、七面鳥とホロホロ鳥が別の鳥であるとわかったが、「ターキー」の呼称が定着してしまっていたため、アメリカの鳥であるにも関わらずアメリカでも「ターキー(トルコ)」と呼ぶようになってしまった。
ボウリングでストライクを3回連続で出すことを「ターキー」と言う由来は、ボウリング場が客寄せのために、3回連続でストライクを出したら七面鳥の料理をプレゼントしていたという説が定説となっている。
インディアンが一本の矢で三羽の七面鳥を射止めることに見立てて「ターキー」と言うようになったとする説や、ストライクのマークが3つ並ぶと七面鳥が羽根を広げた姿に似ているから「ターキー」と言うようになったとする説もあるが、いずれも根拠となる資料はなく、強引に結びつけただけの説であろう。

【関連語】

ウズラ・鶉(うずら) オナガドリ・尾長鶏 黄鶏(かしわ)
ガター キーピン キジ・雉・雉子(きじ)
キンケイ・錦鶏(きんけい) ギンケイ・銀鶏(ぎんけい) クジャク・孔雀(くじゃく)
クリスマス コジュケイ・小綬鶏(こじゅけい) 桜肉(さくらにく)
サンケイ・山鶏(さんけい) 三拍子揃う(さんびょうしそろう) シチメンチョウ・七面鳥
シャコ・鷓鴣(しゃこ) シャモ・軍鶏(しゃも) ジュケイ・綬鶏(じゅけい)
ストライク スプリット スペア
セイラン・青鸞(せいらん) セキショクヤケイ・赤色野鶏 ダック
チキン チャボ・矮鶏(ちゃぼ) 続く(つづく)
トリ・鳥(とり) 名古屋コーチン 肉(にく)
ニワトリ・鶏(にわとり) パーフェクト ハッカン
羽・羽根・翅(はね) パンチアウト ビーフ
ピン ファウル プレゼント
ブロイラー ベニソン ボウリング
ポーク ボール ぼたん(猪の肉)
ホロホロチョウ・ほろほろ鳥 マーク ミート
ミス もみじ(鹿の肉) 矢(や)
ヤケイ・野鶏(やけい) ヤマウズラ・山鶉(やまうずら) 山鯨(やまくじら)
ヤマドリ・山鳥(やまどり) ライチョウ・雷鳥(らいちょう) ラム
料理(りょうり) レーン 連チャン(れんちゃん)
ロースト

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス