竜田揚げ

【意味】 竜田揚げとは、鶏肉・魚肉・鯨肉などに醤油と味醂で下味をつけ、片栗粉をまぶして油で揚げたもの。立田揚げ。

【竜田揚げの語源・由来】

「竜田」は、奈良県の北西部を流れる「竜田川」のこと。
竜田川は、『百人一首』でも「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」と詠まれているほど、古くから紅葉の名所として知られる。
竜田揚げは、赤褐色に揚がり、所々に片栗粉色の白い部分があることから、紅葉の流れる竜田川に見立てた命名である。
一説には、旧日本海軍の軽巡洋艦「龍田」の司厨長が、小麦粉の代わりに片栗粉を使って唐揚げを揚げたことから、「龍田揚げ」と名付けられたともいわれる。

【関連語】

赤(あか) 油・脂・膏(あぶら) 油揚げ(あぶらあげ)
おかず カタクリ・片栗(かたくり) カツ
カナッペ 空揚げ・唐揚げ(からあげ) 川・河(かわ)
クジラ・鯨(くじら) コロッケ 魚(さかな)
薩摩揚げ(さつまあげ) ザンギ 醤油(しょうゆ)
白(しろ) ステーキ 天ぷら(てんぷら)
ナゲット 肉(にく) ニワトリ・鶏(にわとり)
ハンバーグ ビフテキ ピロシキ
フリッター ベニエ 味醂(みりん)
紅葉(もみじ) 料理(りょうり)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

奈良県 - 地名由来辞典 - 奈良県の地名の由来を解説。

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス