殺陣

【意味】 殺陣とは、演劇や映画・テレビなどで、斬り合い・乱闘・捕物などの演技や場面。立ち回り。

【殺陣の語源・由来】

たての語源には、目立つようにする意味の「立てる」の名詞形「立て」からや、「太刀打ち」の「太刀」が変化したとする説もあるが、歌舞伎で「立ち回り」を略した「立ち」からと考えるのが妥当である。
漢字の「殺陣」は、新国劇の座長であった沢田正二郎が、座付き作家の行友李風に『殺人』という公演演目を提案したところ、「じん」に「陣」を当てた方が良いとなり、『殺陣』が生まれたといわれる。
当初の読みは「さつじん」であったが、沢田正二郎の七回忌記念公演『殺陣田村』から「殺陣」に「たて」の読みが当てられ、以降、「さつじん」よりも「たて」の読みが一般的となった。

【関連語】

映画(えいが) 刀(かたな) 歌舞伎(かぶき)
銀幕(ぎんまく) 喧嘩(けんか) 殺す(ころす)
侍(さむらい) 猿芝居(さるしばい) ジェスチャー
竹刀(しない) 芝居(しばい) スタント
竹光(たけみつ) 太刀(たち) 太刀打ち(たちうち)
立ち回り(たちまわり) 立つ(たつ) 茶番劇(ちゃばんげき)
チャンバラ テレビ ドラマ
パフォーマンス 武士(ぶし) メロドラマ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス