たたらを踏む

【意味】 たたらを踏むとは、的が外れたため、勢い余って空足(からあし)を踏む。

【たたらを踏むの語源・由来】

たたら(踏鞴)は、金属の精錬・加工に必要な空気を送り込む大型の送風器「ふいご(鞴)」のことで、足で踏んで空気を吹き送る。
たたらを勢いよく踏むさまが、空足を踏む姿と似ていることから、勢い余って踏みとどまれず数歩あゆむことを「たたらを踏む」というようになった。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 歩む(あゆむ) 歩く(あるく)
勢い(いきおい) 拗れる(からまる) 転ける・倒ける(こける)
踏鞴・蹈鞴(たたら) 千鳥足(ちどりあし) 躓く(つまずく)
つんのめる 鞴・吹子(ふいご) 踏む(ふむ)
蹌踉ける(よろける) 蹌踉めく(よろめく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス