たたみいわし

【意味】 たたみいわしとは、カタクチイワシの稚魚を海苔のように漉きあげ、天日で干した板状の食品。軽く火にあぶって食べる。

【たたみいわしの語源・由来】

たたみいわしは、縦横に何匹もくっついた姿が、畳の目を並べたように見えるため名付けられた。
たたみいわしを火にあぶると黄色くなるため、ますます畳に似てくる。

【関連語】

あたりめ 炙る・焙る(あぶる) アンチョビ
イワシ・鰯(いわし) ウルメイワシ・潤目鰯 エツ・斉魚(えつ)
数の子(かずのこ) カタクチイワシ・片口鰯 鰹節(かつおぶし)
からすみ 黄色(きいろ) キビナゴ・黍魚子・吉備奈仔
くさや コノシロ・鮗(このしろ) コハダ・小鰭(こはだ)
ごまめ 魚(さかな) 鮭とば(さけとば)
サッパ・拶双魚(さっぱ) シシャモ・柳葉魚(ししゃも) ジャコ・雑魚(じゃこ)
シラス・白子(しらす) スルメ・鯣(するめ) 畳(たたみ)
田作り(たつくり・たづくり) 縮緬雑魚(ちりめんじゃこ) 生り節(なまりぶし)
ニシン・鰊・鯡(にしん) 海苔(のり) ハルツゲウオ・春告魚
火(ひ) ビーフジャーキー 干鱈(ひだら)
ヒラ・曹白魚(ひら) 干す(ほす) ままかり
目刺し(めざし)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス