【意味】 畳とは、和室の床に敷く敷物。藁を縫い固めて作った畳床に藺草(いぐさ)で編んだ表をつけたもの。普通、布で縁にへりをつける。

【畳の語源・由来】

古くは、むしろ・ござ・こもなどの敷物の総称として用いられており、薄い敷物を何枚も積み重ねることから、また、使用しない時は畳んでおくことから「たたむ」が名詞化され、「たたみ」となった。
今でいう「畳」は「厚畳(あつだたみ)」といって、座ったり寝たりする場所にだけ一時的に敷かれた。
部屋全体に畳を敷きつめるようになったのは、中世の書院造りや寺院などからと考えられている。

【関連語】

アンペラ 家(いえ) イグサ・藺草(いぐさ)
イス・椅子(いす) 板(いた) 薄い(うすい)
表(おもて) カーペット 重ねる(かさねる)
茣蓙・蓙(ござ) 薦・菰(こも) 座敷(ざしき)
敷く・布く(しく) 褥・茵(しとね) 絨毯・絨緞(じゅうたん)
障子(しょうじ) 住まい(すまい) 座る・坐る(すわる)
三和土(たたき) タタミイワシ・畳鰯 畳水練(たたみすいれん)
畳む(たたむ) 床(とこ) 床の間(とこのま)
土間(どま) 縫う(ぬう) 布(ぬの)
寝る(ねる) 半畳を入れる(はんじょうをいれる) 襖(ふすま)
縁(ふち) 布団(ふとん) フローリング
ベッド 部屋(へや) 縁(へり)
マット 筵・蓆・席・莚(むしろ) 床(ゆか)
ラグ 藁(わら)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

畳(たたみ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
畳のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス