三和土

【意味】 三和土とは、玄関や台所などの土間。

【三和土の語源・由来】

三和土は、現代では単に「土間」を意味し、コンクリートなどで仕上げたものを言うことが多いが、古くは、土に石灰・苦汁(にがり)などを混ぜて固めた土間のことを言った。
漢字の「三和土」は、これら三種類のものを混ぜ合わせることからの当て字である。
三和土に用いる土は、花崗岩(かこうがん)等が風化したもので、叩いて固めることから「叩き土(たたきつち)」と呼ばれ、「たたきつち」を略した語が「たたき」である。
「たたき」や「叩き土」は、江戸時代から用例が見られる。

【関連語】

アスファルト 石(いし) 岩(いわ)
エントランス 縁側(えんがわ) 踊り場(おどりば)
勝手口(かってぐち) 玄関(げんかん) コンクリート
敷居(しきい) 漆喰(しっくい) 砂利(じゃり)
セメント 台所(だいどころ) 叩く・敲く(たたく)
畳(たたみ) 土(つち) 床の間(とこのま)
土間(どま) 苦汁(にがり) 庭(にわ)
濡れ縁(ぬれえん) バルコニー ベランダ
床(ゆか) レンガ・煉瓦(れんが) 廊下(ろうか)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス