黄昏

【意味】 黄昏とは、夕方の薄暗いとき。夕暮れ。動詞形は「たそがれる」。

【黄昏の語源・由来】

黄昏を古くは「たそかれ」と言い、江戸時代以降「たそがれ」となった。
薄暗くなった夕方は人の顔が見分けにくく、「誰だあれは」という意味で「誰そ彼(たそかれ)」と言ったことから、「たそかれ(たそがれ)」は夕暮れ時をさす言葉となった。
一説には、農夫が田んぼから退き、家に帰る時刻であることから「田退(たそかれ)」を語源とする説もあるが、「彼は誰(かはたれ)」を語源とする「かわたれ時」という明け方をさす言葉があることから、「田退」の説は考え難い。
漢字「黄昏」は当て字で、本来の読みは「こうこん」である。
また、「たそがれ」は日の盛りを過ぎた頃であることから、盛りを過ぎた頃、特に人生の盛りを過ぎた年代をたとえて言うようにもなった。

【関連語】

暁(あかつき) 曙(あけぼの) 朝(あさ)
朝っぱら(あさっぱら) 朝ぼらけ(あさぼらけ) 朝まだき(あさまだき)
有明(ありあけ) 彼(あれ) 家(いえ)
老いぼれる・耄れる(おいぼれる) 老いる(おいる) 御天道様(おてんとうさま)
衰える(おとろえる) 顔(かお) 彼(かれ)
還暦(かんれき) 黄色(きいろ) 暗い(くらい)
暮れ(くれ) 頃(ころ) 東雲(しののめ)
退く(しりぞく) 田(た) 太陽(たいよう)
箍が緩む(たががゆるむ) 誰(だれ) 薹が立つ(とうがたつ)
時(とき) 馬齢(ばれい) 晩(ばん)
日(ひ) 日向(ひなた) 百姓(ひゃくしょう)
昼(ひる) 老ける(ふける) 耄碌(もうろく)
焼きが回る(やきがまわる) 夕方(ゆうがた) 夕べ・昨夜(ゆうべ)
宵(よい) 宵の口(よいのくち) 夜(よる)
黎明(れいめい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス