他力本願

【意味】 他力本願とは、自分では何もせず、他人の力に頼って事をなすこと。他人任せにすること。

【他力本願の語源・由来】

他力本願は、浄土真宗の宗祖である親鸞聖人によって広められた仏教語。
「他力」は「自力」の反意語となるが、ここでは「阿弥陀仏の力」を意味する。
「本願」は阿弥陀仏が善悪を問わず、生命のある全ての存在を極楽浄土に往生させようとする誓願のこと。
つまり、「他力本願」本来の意味は、自分の修行の力ではなく、阿弥陀仏の本願の力によって成仏することであるが、誤用から他人の力をあてにする意味で使われるようになった。

【関連語】

あなた任せ(あなたまかせ) 油を売る(あぶらをうる) 一蓮托生(いちれんたくしょう)
一生懸命(いっしょうけんめい) 往生(おうじょう) 頑張る(がんばる)
ぐうたら 下駄を預ける(げたをあずける) 極楽(ごくらく)
匙を投げる(さじをなげる) サボる しゃかりき
嘱す(しょくす) 人事を尽くして天命を待つ 脛を齧る(すねをかじる)
責任転嫁(せきにんてんか) 託す・托す(たくす) 頼む・恃む(たのむ)
玉の輿(たまのこし) 頼る(たよる) だらける・だらだら
力(ちから) ハッスル 踏ん張る(ふんばる)
仏(ほとけ) 任せる・委せる(まかせる) 委ねる(ゆだねる)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス