たらふく

【意味】 たらふくとは、腹いっぱいのこと。

【たらふくの語源・由来】

漢字の「鱈腹」は、タラの腹部が膨れていることや、大変な大食漢であることからの当て字で、その由来は「鱈の腹」で間違いないが、「たらふく」という言葉を「鱈の腹」からとするのは間違いである。
たらふくの語源は、「足りる」や「足る」など、「十分になる」意味の動詞「足らふ(たらふ)」に、副詞語尾の「く」が付いたものとされる。
飲食物を腹いっぱいに摂取する意味の「足らひ脹るる(たらひふくるる)」が転じたとする説もあるが、江戸中期には、たらふくが「飽き足りるほど」の意味で用いられ、飲食物に限定されていない例がある。

【関連語】

数多(あまた) 蟒蛇(うわばみ) 多い(おおい)
仰山(ぎょうさん) しこたま 沢山(たくさん)
食べる(たべる) タラ・鱈(たら) たんと
たんまり 腹(はら) ひもじい
ふんだん 満タン(まんたん) 無尽蔵(むじんぞう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス