タラ

【意味】 タラとは、タラ目タラ科の魚の総称。日本近海にはマダラ・スケトウダラ・コマイがいる。単に「タラ」といえば、ふつう「マダラ(真鱈)」を指す。

【タラの語源・由来】

タラの語源は諸説あり、切っても身が白いことから「血の足らぬ」の「たら」の意味とするや、皮が斑模様になっていることから「マダラ」の「マ」が脱落したという説。
漢字で「大口魚」とも書くように大食漢なので、「たらふく」の語源と同じく「足る」の意味とする説や、「ふとはら(太腹)」の意味といった説もある。
この中で有力とされているのは「斑」の説で、魚は正式名称になると「真」の意味で「マ」が頭につけられるが、タラの場合は「マダラ(斑)」が「真ダラ」と誤解され、「タラ」が総称になったといわれる。
漢字の「鱈」は文字通り「冬に多く獲れる魚」という意味で、もとは国字であるが、現在では中国でも使われている。

【関連語】

粟子(あわこ) イソアイナメ・磯鮎並 海(うみ)
懸けの魚(かけのうお) からすみ 皮・革(かわ)
切る・斬る・伐る(きる) ギンダラ・銀鱈(ぎんだら) コマイ・氷魚・氷下魚(こまい)
魚(さかな) 白子(しらこ) 白(しろ)
スケトウダラ・介党鱈 タイコウギョ・大口魚 タラコ・鱈子(たらこ)
タラバガニ・鱈場蟹(たらばがに) 鱈腹(たらふく) 血(ち)
チゴダラ・稚児鱈(ちごだら) チャンジャ ちり鍋(ちりなべ)
出鱈目(でたらめ) 田麩(でんぶ) どんがら汁(どんがらじる)
腹(はら) 太い(ふとい) 冬(ふゆ)
ホキ 斑(まだら) 身(み)
メルルーサ 明太子(めんたいこ) 模様(もよう)
矢鱈(やたら) 雪(ゆき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス