単刀直入

【意味】 単刀直入とは、前置きなどを省いてすぐに本題に入ることや、問題の核心をつくこと。

【単刀直入の語源・由来】

単刀直入の出典は、中国宋代の「景得伝灯録(けいとくでんとうろく)」による。
本来は、たった一人で刀を一振り持ち、敵陣に突入して斬り込むことを意味した。
そこから派生し、すぐに本題に入ることを「単刀直入」と言うようになった。
この語源から解かるとおり、短い刀で突入するわけではないので、「短刀直入」と表記するのは誤りである。

【関連語】

呆気ない(あっけない) アンケート いきなり
一騎当千(いっきとうせん) 急がば回れ(いそがばまわれ) 急ぐ(いそぐ)
俄然(がぜん) 刀(かたな) 鎌をかける(かまをかける)
間髪を容れず(かんはつをいれず) 答える・応える(こたえる) 忽然(こつぜん)
ざっくばらん 直ぐ(すぐ) ズバリ
刹那(せつな) 即座(そくざ) 直ちに(ただちに)
啖呵を切る(たんかをきる) 短兵急(たんぺいきゅう) 束の間(つかのま)
突く・衝く(つく) 敵(てき) 唐突(とうとつ)
咄嗟(とっさ) 突如(とつじょ) 突然(とつぜん)
俄(にわか) 白状(はくじょう) はしょる
省く(はぶく) ふと 短い(みじかい)
矢庭に(やにわに) 藪から棒(やぶからぼう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス