タンポポ

【意味】 タンポポとは、キク科タンポポ属の多年草の総称。草地に生える。春、花茎を伸ばし、黄色または白色の頭花をつける。

【タンポポの語源・由来】

タンポポは、漢字で「蒲公英」と表記するのは、漢方で開花前に採り乾燥させたものを「蒲公英(ホコウエイ)」と呼ぶことからである。
タンポポの語源は諸説あり、タンポポの茎を鼓のような形に反り返らせる子供の遊びがあり、江戸時代には「タンポポ」を「ツヅミグサ(鼓草)」と言ったことから、鼓を叩く音を形容した「タン」「ポポ」という擬音語を語源とする説が通説となっているが未詳。
古く、タンポポは「タナ(田菜)」、「フヂナ(藤菜)」や「フチナ(布知菜)」と称しており、タンポポの「タン」は「タナ」で、「ポポ」は花後の綿を「穂々」の説も考えられる。
中国では「タンポポ」を「ババチン(婆婆丁)」と呼ぶが、古くは「チンポポ(丁婆婆)」と言い、「チンポポ」から「タンポポ」になったとする外来語説もある。
「チンポポ」が「タンポポ」に変化することは十分に考えられるが、中国で「チンポポ」が使われていた時期と日本で「タンポポ」と呼ばれるようになった時期に隔たりがあり、この説は採りがたい。

【関連語】

アーティチョーク アキザクラ・秋桜(あきざくら) アゲラタム
アサギリソウ・朝霧草 アザミ・薊(あざみ) 遊び(あそび)
アルニカ ウサギギク・兎菊 ウスユキソウ・薄雪草
エーデルワイス エストラゴン エゾギク・蝦夷菊(えぞぎく)
エンダイブ オオハルシャギク・大春車菊 オグルマ・小車(おぐるま)
オケラ・朮(おけら) ガーベラ ガザニア
カシワバハグマ・柏葉羽熊 カセンソウ・歌仙草 カニコウモリ・蟹蝙蝠
カミツレ カモミール カレンジュラ
ガンクビソウ・雁首草 黄色(きいろ) キオン・黄苑(きおん)
キク・菊(きく) キクイモ・菊芋(きくいも) キツネアザミ・狐薊
キンケイギク・錦鶏菊 キンセンカ・金盞花 茎(くき)
草(くさ) クマノギク・熊野菊 クリサンセマム
コウゾリナ・髪剃菜 コウヤボウキ・高野箒 ゴギョウ・御形・五形
コスモス ゴボウ・牛蒡(ごぼう) サラダ菜(さらだな)
シオギク・塩菊(しおぎく) シオン・紫苑(しおん) シソウ・刺草(しそう)
シネラリア シャスタデージー シュウブンソウ・秋分草
シュンギク・春菊 ジョチュウギク・除虫菊 白(しろ)
スイゼンジナ・水前寺菜 スイラン・水蘭(すいらん) ステビア
ストケシア セネシオ セントウレア
タビラコ・田平子(たびらこ) タラゴン ダリア
チコリー チシャ・萵苣(ちしゃ) チチコグサ・父子草
鼓(つづみ) ツワブキ・石蕗(つわぶき) ディモルフォセカ
デージー テンニンギク・天人菊 トウヒレン・唐飛廉
トキンソウ・吐金草 トレビス ニガナ・苦菜(にがな)
葉(は) 花・華(はな) ハハコグサ・母子草
春(はる) ハルシャギク・波斯菊・春車菊 ハルジョオン・春女苑
ヒナギク・雛菊(ひなぎく) ヒマワリ・向日葵(ひまわり) ヒメジョオン・姫女苑
ヒャクニチソウ・百日草 フキ・蕗・苳・款冬・菜蕗(ふき) フジバカマ・藤袴(ふじばかま)
ブタクサ・豚草(ぶたくさ) ベニジウム ベニバナ・紅花(べにばな)
ヘリクリサム 穂(ほ) ホトケノザ・仏の座(キク科)
マーガレット マリーゴールド モチグサ・餅草(もちぐさ)
ヤーコン ヤグルマギク・矢車菊 ヨメナ・嫁菜(よめな)
ヨモギ・蓬・艾(よもぎ) ルドベキア レタス
ワタ・綿(わた)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス