たんこぶ

【意味】 たんこぶとは、こぶの俗っぽい言い方。こぶたん。

【たんこぶの語源・由来】

たんこぶの語源には、アイヌ語「tapkop」からといった説があるが、たんこぶは「こぶ」に「たん」が加わった語で、「たんこぶ」の「たん」が略され「こぶ」が生じたわけではないため、この説は採用できない。
たんこぶが打撲などで盛り上がった部分を指すのに対し、こぶは臓器にできるものや、物の表面が膨れ上がった部分、紐の結び目など、「塊」といった広い意味でも用いられるため、打撲による「こぶ」であることが解るよう、「たん」が加えられて「たんこぶ」になったと解釈できる。
「たん」を区別のためとした場合、たんこぶの「たん」は、「叩く」の意味や叩いた時の音「タン・トン」、こぶの色から「赤色」を意味する「たん(丹)」、多くは頭にできた瘤をいうことから「とう(頭)」の音変化など考えられるが、特定は難しい。

【関連語】

赤(あか) 皹・皸(あかぎれ) 痣(あざ)
汗疹(あせも) 頭(あたま) アトピー
痘痕(あばた) アレルギー 疣(いぼ)
魚の目(うおのめ) 膿(うみ) 御出来(おでき)
おでこ 塊(かたまり) 皮・革(かわ)
ガン・癌(がん) 傷(きず) ケガ・怪我(けが)
瘤(こぶ) 痔(じ・ぢ) 凝り・痼り(しこり)
霜焼け(しもやけ) 皺・皴(しわ) 蕁麻疹(じんましん)
雀斑(そばかす) 胼胝・胝(たこ) 叩く・敲く(たたく)
田虫(たむし) ニキビ・面皰(にきび) 麻疹(はしか)
肌・膚(はだ) 腫れる・脹れる(はれる) ヒモ・紐(ひも)
膨れる・脹れる(ふくれる) 贅(ふすべ) 砲創・砲瘡(ほうそう)
黒子(ほくろ) 肉刺(まめ) 水虫(みずむし)
結ぶ(むすぶ) 面疔(めんちょう) 蒙古斑(もうこはん)
物貰い(ものもらい) 火傷(やけど) 病(やまい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

たん瘤のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス