啖呵を切る

【意味】 啖呵を切るとは、歯切れのよい口調で勢いよくましくたてたり、相手をやりこめたりすること。

【啖呵を切るの語源・由来】

啖呵を切るの「啖呵」は、もともと「痰火」と書き、体内の火気によって生ずると考えられていた咳と一緒に激しく出る痰や、そのような病気のこと。
「切る」は、その啖呵(痰火)を治療・治すこと。
この啖呵(痰火)が治ると、胸がすっきりするところから、香具師などの隠語で、品物を売るときに歯切れのよい口調でまくしたてることをいい、相手をやりこめる意味にもなった。
一説には、自分の悟りを第一とする考えにとどまっていることを叱る意味の仏教語「弾呵」に由来し、「叱る」という意味から「相手を責める」「まくし立てる」といった意味に転じたともいわれる。

【関連語】

論う(あげつらう) 言う・云う・謂う(いう) 勢い(いきおい)
嘯く(うそぶく) 大風呂敷(おおぶろしき) 切り口上(きりこうじょう)
切る・斬る・伐る(きる) けちょんけちょん 喧嘩(けんか)
口上(こうじょう) こてんぱん 叱る(しかる)
すっきり 咳(せき) 攻める・責める(せめる)
タイマン 痰(たん) 単刀直入(たんとうちょくにゅう)
テキ屋・的屋(てきや) はっきり はったり
火(ひ) ホラ吹き(ほらふき) 捲し立てる(まくしたてる)
胸(むね) 香具師(やし) 遣っ付ける(やっつける)
病(やまい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス