棚卸し

【意味】 棚卸しとは、決算や整理、毎月の損益計算のために在庫の商品・原材料・製品の種類・数量・品質を調査し、価格を評価すること。他人の欠点をいちいち数え上げること。たな卸し。

【棚卸しの語源・由来】

棚卸しは文字通り、棚から品物をおろすことで、近世には、正月上旬の吉日や七月、棚に上げておいた品物をおろして調べられていた。
棚卸しの「卸し(卸す)」は、「下ろす」と同源である。
「店卸し」とも表記するのは商品棚を「店」とも表記するためで、「店棚」を表す場合に多く使われる。
品物をひとつひとつ調べることから、「棚卸し」は普段の行いを調べ上げる意味でも用いられ、転じて、他人の欠点を数え上げる意味にもなった。

【関連語】

アウトレット 赤字(あかじ) 商い(あきない)
商人(あきんど) 揚げ足を取る(あげあしをとる) 論う(あげつらう)
改める(あらためる) 粗を探す(あらをさがす) アンケート
一言居士(いちげんこじ) いちゃもん いびる
オークション 下ろす・降ろす(おろす) 会社(かいしゃ)
カウント 数(かず) 数える(かぞえる)
吉(きち) 腐す(くさす) クリアランスセール
黒字(くろじ) 計算(けいさん) けちょんけちょん
けちをつける 探る(さぐる) 屍に鞭打つ(しかばねにむちうつ)
品物(しなもの) 正月(しょうがつ) 商人(しょうにん)
ショップ 調べる(しらべる) スパイ
税金(ぜいきん) セール 棚(たな)
チェック ディスカウント 問屋(とんや)
詰る(なじる) バーゲン バザー
バザール 半畳を入れる(はんじょうをいれる) 皮肉(ひにく)
ブーイング 文月(ふづき・ふみづき) 物色(ぶっしょく)
店(みせ) 野次る(やじる) 槍玉に挙げる
利益(りえき) リサーチ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス