七夕

【意味】 七夕とは、七月七日の夜、天の川に隔てられた彦星と織姫が、年に一度だけ会うという伝説にちなむ年中行事。五節句のひとつ。

【七夕の語源・由来】

七夕の行事は、中国から伝来し奈良時代に広まった「牽牛星(けんぎゅうせい)」と「織女星(しょくじょ)」の伝説と、手芸や芸能の上達を祈願する中国の習俗「乞巧奠(きつこうでん)」が結びつけられ、日本固有の行事となったものである。
七夕は五節句のひとつとして、宮中では「しちせき」と呼ばれていたが、のちに「たなばた」と呼ばれるようになった。
七夕が「たなばた」と呼ばれるようになった由来は、織女の伝説を元にした語源説で、「棚機つ女(たなばたつめ)」の下略(「つ」は「の」の意味)とする説が一般的である。
しかし、古くから農村地域では、豊作を祈り種を撒く「種播祭り(たなばたまつり)」が存在しているため、宮中で行われた「しちせき」が民間に広まった時に混同され、「たなばた」と呼ばれるようになったとも考えられている。

【関連語】

合う・会う・逢う・遭う(あう) 天の川(あまのがわ) 男(おとこ)
お盆(おぼん) 織姫(おりひめ) 女(おんな)
川・河(かわ) 菊の節句(きくのせっく) 正月(しょうがつ)
節句(せっく) 節分(せつぶん) 棚(たな)
タナバタウオ・七夕魚 種(たね) 端午の節句(たんごのせっく)
七草粥(ななくさがゆ) ねぶた 博多どんたく(はかたどんたく)
機(はた) バレンタインデー 彦星(ひこぼし)
ひな祭り(ひなまつり) 文月(ふづき・ふみづき) 筆(ふで)
星(ほし) ホワイトデー 祭り(まつり)
桃の節句(もものせっく) 浴衣(ゆかた) 惑星(わくせい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス