ためつすがめつ

【意味】 ためつすがめつとは、いろいろな角度からよく見るさま。

【ためつすがめつの語源・由来】

狙いをつける・じっと見る意味の「たむ(矯む)」。
片目を細めて見る意味の「すがむ(眇む)」。
「たむ」と「すがむ」のそれぞれの連用形に、「~したり」表す完了の助動詞「つ」が付いたのが、「ためつすがめつ」である。
つまり、ためつすがめつは「じっと見たり片目を細めて見たりする」の意味を表す。
同意句には、「矯めつ歪めつ(ひずめつ)」「矯めつ透かしつ(すかしつ)」がある。

【関連語】

鵜の目鷹の目(うのめたかのめ) 虎視眈眈(こしたんたん) 探る(さぐる)
調べる(しらべる) 眇(すがめ) 矯める・撓める(ためる)
チェック 血眼(ちまなこ) 左見右見(とみこうみ)
眺める(ながめる) 睨む(にらむ) 覗く(のぞく)
物色(ぶっしょく) 見る(みる) 目・眼(め)
目配り(めくばり) 目の鞘を外す(めのさやをはずす) リサーチ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス