ため口

【意味】 ため口とは、相手と対等な口をきくこと。敬語を使わず、なれなれしく話すこと。ため語。

【ため口の語源・由来】

「ため」は、博打用語で「ぞろ目(同目)」をさした語。
1960年代から、不良少年の隠語として「五分五分」の意味で使われるようになり、「対等」や「同じ」という意味も表すようになった。
さらに、「同年」や「同級生」を言うようになり(「タメ年」とも)、同い年の相手に話すような口のきき方を「ため口」と言うようになった。
これらの語は、1970年代後半から1980年代にかけて一般の若者も使うようになり、現在、「ため口」に関しては、若者以外でも広く用いられるようになっている。
雑学の世界では、江戸時代の大坂で丁稚に渡すお駄賃のことを「ため」と言ったことから、番頭が目下である丁稚に対して言う乱暴な言葉づかいを「ため口」と言うようになったなどと言われているが、全くの俗説である。

【関連語】

相子(あいこ) イーブン おっつかっつ
同じ(おなじ) おませ 口(くち)
互角(ごかく) 五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ) 小癪(こしゃく)
こましゃくれる 差し出がましい 親しい(したしい)
しゃらくさい ぞろ目(ぞろめ) 高飛車(たかびしゃ)
駄賃(だちん) 猪口才(ちょこざい) 丁稚(でっち)
どっこいどっこい 年・歳(とし) 賭博(とばく)
ドロー 団栗の背比べ とんとん
生意気(なまいき) 馴れ馴れしい 博打(ばくち)
伯仲(はくちゅう) 話(はなし) 匹敵(ひってき)
等しい(ひとしい) 陳ねる(ひねる) 老成る(ませる)
マナー ヤンキー

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス