たまさか

【意味】 たまさかとは、偶然。たまたま。希に。たまに。

【たまさかの語源・由来】

たまさかの「たま」は、滅多にないこと、希なことを意味する「たま」「たまたま」と同源。
たまさかの「さか」は、「おろそか(疎か)」や「おごそか(厳か)」の「そか」と同系で、状態を表す接尾語と思われる。
接尾語「そか」は、その前の音が「O(母音)」なので接尾語も「O(そ)」になり、たまさかの「さか」は、前の音が「A(母音)」なので「A(さ)」になったのであろう。

【関連語】

当てずっぽう(あてずっぽう) あわよくば 一か八か(いちかばちか)
インスピレーション 厳か(おごそか) 疎か(おろそか)
勘(かん) 希有・稀有(けう) けったい
第六感(だいろっかん) 棚から牡丹餅 偶・適(たま)
偶々・適々(たまたま) 出たとこ勝負(でたとこしょうぶ) 伸るか反るか(のるかそるか)
鉢合わせ(はちあわせ) 閃き(ひらめき) 不思議(ふしぎ)
へんてこ 摩訶不思議(まかふしぎ) まぐれ
稀・希(まれ) 未曾有(みぞう) 珍しい(めずらしい)
滅多(めった) 勿怪の幸い(もっけのさいわい) 山勘(やまかん)
ユニーク レア

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス