たまご

【意味】 たまごとは、鳥・魚・虫などの雌が産み、殻や膜に包まれた球形のもの。かえると子になる。タマゴ。

【たまごの語源・由来】

形が球状であることから「玉の子」で、「たまご」と呼ばれるようになったもの。
この語が見られるようになるのは室町期だが、当時は方言もしくは俗語として使われ、広く用いられるようになったのは江戸時代以降である。
「たまご」と呼ばれる以前は、「殻(かひ)の子」という意味で「かひご」と呼ばれていた。
その漢字として用いられたのが「卵」や「卵子」で、「卵」単独では「かひ」とも言った。
ただし、「蚕(かいこ)」の語源とは異なる。
呼び名が「かひご」から変化したため、「卵」も「たまご」と呼ぶようになった。

【関連語】

赤ちゃん(あかちゃん) イクラ 命(いのち)
ウズラ・鶉(うずら) カイコ・蚕(かいこ) 数の子(かずのこ)
殻(から) からすみ キャビア
子(こ) 魚(さかな) 蛹(さなぎ)
筋子(すじこ) 伊達巻き(だてまき) 玉・球・弾・珠(たま)
タラコ・鱈子(たらこ) トリ・鳥(とり) ニワトリ・鶏(にわとり)
雛(ひな) ピータン 雛(ひよこ)
プリン マヨネーズ 嬰児(みどりご)
虫(むし) 明太子(めんたいこ) 羊水(ようすい)

【関連リンク】

「卵」と「玉子」の違い
卵の意味・類語
「卵」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧
「卵」の雑学一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス