たまげる

【意味】 たまげるとは、非常に驚くこと。

【たまげるの語源・由来】

たまげるは漢字で「魂消る」と書くように、魂が消えるほどの思いから、驚きを意味する言葉として江戸時代から使われている。
「消る(げる)」は、「消える(きえる)」が縮まったもの。
「たまげる」と同じ意味、同じ漢字が使われる「魂消る(たまぎる)」という言葉がある。
本来、「たまぎる」は「魂切る」と書き、怯えるという意味で鎌倉時代から使われ、室町時代から「驚く」という意味に転じたため、「たまげる」と同じように扱われるようになったもので、元は別の語源である。

【関連語】

あっけらかん いきなり 驚く・愕く・駭く(おどろく)
俄然(がぜん) 間髪を容れず(かんはつをいれず) 消える(きえる)
ぎゃふん 忽然(こつぜん) 素っ頓狂(すっとんきょう)
青天の霹靂 魂(たましい) 短兵急(たんぺいきゅう)
唐突(とうとつ) 度肝を抜く(どぎもをぬく) 咄嗟(とっさ)
突如(とつじょ) 突然(とつぜん) 突飛(とっぴ)
突拍子もない(とっぴょうしもない) 二の句が継げない 俄(にわか)
寝耳に水(ねみみにみず) パニック びっくり
ビビる 藪から棒(やぶからぼう) 狼狽(ろうばい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス