たくあん

【意味】 たくあんとは、生干し大根を塩と糠で漬けたもの。「たくわん」とも。

【たくあんの語源・由来】

たくあんは「沢庵漬け(たくあんづけ)」の略だが、その正確な語源は解かっていない。
江戸初期の臨済宗の僧、沢庵和尚が作り始めた(広めた)から、和尚の墓石が漬物の石に似ているからといった、沢庵和尚に由来する説。
「貯え漬け(たくわえづけ)」が音変化し、「たくあんづけ」になったとする説。
西日本で、糠と塩で漬け込んだものを「じゃくあん」と言いっていたことから、転じて「たくあん」になったとする説がある。
「たくあん」のような食べ物は、既に平安時代から作られていたとされ、沢庵和尚の説を否定されることもあるが、米ぬかが普及したのは江戸初期のため、一般に普及した際、沢庵和尚が何らかの形で関わっていたとも考えられる。
また、「貯え漬け」や「じゃくあん」が音変化した後、沢庵和尚と関連付けられて「沢庵」の字が当てられたとも考えられ、どちらが先であるか不明である。
ただし、「たくあん」は主に関東で使われていた呼び名で、西日本では「百本漬け」や「香の物」と呼んでいたため、「じゃくあん」については「たくあん」の音変化したものとする見方もされている。

【関連語】

アチャール アチャラ漬け(あちゃらづけ) 庵(いおり)
いぶりがっこ 石(いし) ウコン・鬱金(うこん)
御香香(おこうこう) 和尚(おしょう) お新香(おしんこ)
御御御付け(おみおつけ) キビヤック キムチ
香の物(こうのもの) 米(こめ) ザーサイ
ザワークラウト 塩(しお) シナチク・支那竹(しなちく)
柴漬け(しばづけ) 千枚漬け(せんまいづけ) ターメリック
ダイコン・大根(だいこん) チャツネ どぶ漬け(どぶづけ)
納豆(なっとう) 奈良漬け(ならづけ) 糠(ぬか)
墓(はか) ピクルス 福神漬け(ふくじんづけ)
べったら漬け(べったらづけ) 松前漬け(まつまえづけ) メンマ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス