【意味】 凧とは、竹などの骨組みに紙を張り、糸をつけ、それを引きながら風を利用し、空高く揚げるもの。

【凧の語源・由来】

凧を「タコ」と呼ぶのは関東方言で、関西方言では「イカ」と呼ばれ、18世紀後半の方言集『物類称呼(ぶつるいしょうこ)』には、「イカノボリ」の例も見られる。
凧が、「タコ」や「イカ」と呼ばれ始めた由来は不明だが、紙の尾を垂らして揚がる姿が、「蛸(タコ)や「烏賊(イカ)」に似ていることから名付けられたと考えられる。
中国では漢代から「紙鳶(しえん)」として用いられ、平安時代初頭に日本へ伝来した。
現代でも「凧」は、「紙鳶」と表記されることがあり、938年成立の『和名抄(わみょうしょう)』には、「紙老鴟(しらうし)」としてあげられている。
「鳶」や「鴟」は、鳥の「トビ」のことで、紙製のトビを意味する。
「タコ」の呼称が出現するのは、江戸時代以降のことである。

【関連語】

イカ・烏賊(いか) 糸(いと) オモチャ・玩具(おもちゃ)
風・風邪(かぜ) 紙(かみ) かるた
コマ・独楽(こま) サイコロ 双六(すごろく)
空(そら) タケ・竹(たけ) タコ・蛸(たこ)
トリ・鳥(とり) 羽子板(はごいた) ビー玉(びーだま)
引っ張りだこ(ひっぱりだこ) メンコ・面子(めんこ) 奴(やつ・やっこ)
ヨーヨー

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス