【意味】 滝とは、高い崖から流れ落ちる水の流れ。

【滝の語源・由来】

「水が沸き立つ」「水が激しく流れる」といった意味の「たぎつ(滾つ・激つ)」と同源。
奈良時代には、「たき」と「たぎ」の両形が見られる。
この頃は、「急流」「激流」など川の流れの激しい所をいい、現在の「滝」にあたる言葉は「たるみ(垂水)」であった。
平安時代以降、「たき」で定着し、現在と同様の意味で用た例が見られるようになる。
漢字の「滝(瀧)」は、水が龍のように長く太いすじをなして流れ落ちるさまを表した会意兼形声文字である。

【関連語】

汗(あせ) 池(いけ) 泉(いずみ)
井戸(いど) 海(うみ) 落ちる(おちる)
崖(がけ) 川・河(かわ) 鯉の滝登り(こいのたきのぼり)
シャワー 白滝(しらたき) 滾る・激る(たぎる)
竜・龍(たつ) ダム 垂れる(たれる)
ドブ・溝(どぶ) 流れる(ながれる) 沼(ぬま)
激しい・烈しい(はげしい) 水(みず) 湖(みずうみ)
竜・龍(りゅう) 沸く・湧く・涌く(わく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス