竹光

【意味】 竹光とは、竹を削って刀身とし、刀のように見せかけたもの。切れ味の鈍い刀をあざけっていう語。

【竹光の語源・由来】

竹光の「光」は、竹を削って銀箔やアルミ箔を貼り、光り輝く刀のように見せたところからではない。
「光」は、「吉光」や「兼光」「国光」など、名高い刀匠の名に多くつけられていたもので、竹光は洒落ぎみにその「光」をつけた造語である。
竹光は、竹で作られているため、本物の刀のように切れるわけがないことから、切れ味の悪い刀も「竹光」と呼ばれる。

【関連語】

合口・匕首(あいくち) アルミニウム イミテーション
斧(おの) 刀(かたな) 甲冑(かっちゅう)
兜(かぶと) 鎌(かま) カンナ・鉋(かんな)
錐(きり) 切る・斬る・伐る(きる) ギロチン
銀(ぎん) 削る・梳る(けずる) サーベル
鞘(さや) 竹刀(しない) 鎬(しのぎ)
手裏剣(しゅりけん) 鏨(たがね) タケ・竹(たけ)
太刀(たち) 盾(たて) 殺陣(たて)
チャンバラ 柄(つか) 鍔(つば)
剣(つるぎ) 出刃包丁(でばぼうちょう) ドス
ナイフ 薙刀・長刀(なぎなた) 鉈(なた)
鈍ら刀(なまくらがたな) 鈍い(にぶい) ノコギリ・鋸(のこぎり)
ノミ・鑿(のみ) 刃(は) ハサミ・鋏(はさみ)
光(ひかり) フェイク 包丁(ほうちょう)
矛・鉾(ほこ) 鉞(まさかり) メス(小刀)
疑き(もどき) 銛(もり) 矢(や)
刃(やいば) やす 柳刃包丁(やなぎばぼうちょう)
槍・鑓・鎗(やり) 弓(ゆみ) 鎧・甲(よろい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス