【意味】 竹とは、イネ科タケ亜科の多年生常緑植物のうち大形のものの総称。一般に小形のものは「ササ(笹)」と呼ばれる。

【竹の語源・由来】

語源は諸説あり、主な説は「高(たか)」「丈(たけ)」と同源で高く伸びるものの意味。
タケノコの旺盛な成長力から、「タケオフ(長生)」の意味からとする説。
「タカハエ(高生)」の約とする説。
朝鮮語で「竹」を意味する「tai(タイ)」からとする説がある。
「高」や「丈」と「竹」はアクセントが異なるため難しいとの見方もあるが、区別するためにアクセントが変わった可能性もある。
また、朝鮮語「tai」の説には、和語として「高」や「丈」の意味に分化したとする説や、「タ」が朝鮮語「tai」からで、「ケ」が「木」の意味からとする説もある。

【関連語】

アシ・葦・蘆・葭(あし) アズマネザサ・東根笹 アゼガヤ・畦茅(あぜがや)
アブラススキ・油薄・油芒 アワ・粟(あわ) イチゴツナギ・苺繋
イヌビエ・犬稗(いぬびえ) イネ・稲(いね) イワスゲ・岩菅(いわすげ)
ウシノシッペイ・牛の竹篦 ウメ・梅(うめ) ウラハグサ・裏葉草
エノコログサ・狗尾草 エンバク・燕麦(えんばく) オオカニツリ・大蟹釣
オオムギ・大麦(おおむぎ) オギ・荻(おぎ) オヒシバ・雄日芝(おひしば)
カズノコグサ・数の子草 カゼクサ・風草(かぜくさ) カニツリグサ・蟹釣草
カモガヤ・鴨茅(かもがや) カモジグサ・髢草 カモノハシ・鴨嘴(かものはし)
カヤ・茅・萱(かや) カラス麦・烏麦(からすむぎ) カリヤス・刈安・青茅
カルカヤ・刈萱・刈茅 カンキチク・寒忌竹 木・樹(き)
木に竹を接ぐ(きにたけをつぐ) キビ・黍・稷(きび) キョウチクトウ・夾竹桃
草(くさ) クサヨシ・草葦(くさよし) クマタケラン・熊竹蘭
コウライシバ・高麗芝 コバンソウ・小判草 コブナグサ・小鮒草
コムギ・小麦(こむぎ) 米(こめ) 竿・棹(さお)
ササ・笹・篠(ささ) ササガヤ・笹萱(ささがや) ササクサ・笹草(ささくさ)
サトウキビ・砂糖黍 シコクビエ・四国稗 鹿威し(ししおどし)
竹篦(しっぺい) 竹刀(しない) シナチク・支那竹(しなちく)
篠竹(しのだけ) シバ・芝(しば) 尺八(しゃくはち)
ジュズダマ・数珠玉 笙(しょう) 簫(しょう)
松竹梅(しょうちくばい) ススキ・薄・芒(すすき) スズメノカタビラ・雀の帷子
スズメノチャヒキ・雀の茶挽 スズメノテッポウ・雀の鉄砲 スズメノヒエ・雀の稗
セキチク・石竹(せきちく) ダイマチク・大麻竹 タイミンチク・大明竹
高い(たかい) 丈・長(たけ) 竹に油を塗る
竹に雀(たけにすずめ) 竹に虎(たけにとら) 竹に花咲けば凶年
タケノコ・筍・竹の子 竹の実なれば凶年 竹箒も五百羅漢
竹光(たけみつ) 竹屋の火事(たけやのかじ) 竹薮の火事(たけやぶのかじ)
竹を割ったよう タツノヒゲ・竜の鬚 ダンチク・葮竹・暖竹
チガヤ・茅・茅萱(ちがや) チカラシバ・力芝 竹馬の友(ちくばのとも)
竹輪(ちくわ) チゴザサ・稚児笹 チヂミザサ・縮笹
チモシー テフ トウジンビエ・唐人稗
トウモロコシ・玉蜀黍 ドクムギ・毒麦(どくむぎ) ドジョウツナギ・泥鰌繋ぎ
トダシバ・戸田芝(とだしば) ナガハグサ・長葉草 ナリヒラダケ・業平竹
ニワホコリ・庭埃(にわほこり) ヌカボ・糠穂(ぬかぼ) ヌマガヤ・沼茅・沼萱
ネズミノオ・鼠の尾 ネマガリダケ・根曲がり竹 ノガリヤス・野刈安
ノダケ・野竹・土当帰(のだけ) 伸びる・延びる(のびる) ハダカムギ・裸麦(はだかむぎ)
破竹の勢い(はちくのいきおい) ハトムギ・鳩麦(はとむぎ) ハマニンニク・浜蒜
パンパスグラス バンブー ヒエ・稗(ひえ)
ヒバカリ・日計・竹根蛇 ヒメコバンソウ・姫小判草 笛(ふえ)
ホウキモロコシ・箒蜀黍 ホウボウ・竹麦魚(ほうぼう) マコモ・真菰(まこも)
マチク・麻竹(まちく) マツ・松(まつ) ムギ・麦(むぎ)
メダケ・女竹・雌竹(めだけ) メヒシバ・雌日芝(めひしば) メンマ
モウソウチク・孟宗竹 モロコシ・蜀黍・唐黍 ヤダケ・矢竹・箭竹(やだけ)
ヨシ・葦・蘆・葭(よし) ライス ライ麦(らいむぎ)
リボングラス レモングラス 若竹煮(わかたけに)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス