たかをくくる

【意味】 たかをくくるとは、その程度を安易に予測する。高が知れたことだとあなどる。高をくくる。

【たかをくくるの語源・由来】

「たか(高)」は、「生産高」「残高」など物の数量や金額を見積もった時の合計額のことで、数量の程度を表す。
「くくる(括る)」は、「まとめる」「物事に区切りをつける」こと表す。
つまり、この程度(高)だろうとまとめる(括る)ことの意味から、安易に予測したり、大したことはないと侮ることを「たかをくくる」と言うようになった。
また、大したことはないと侮る意味が含まれるようになったのは、戦いの際に勝敗の見込みを予測するため、相手の領地の「石高」を計算したことからともいわれる。

【関連語】

侮る(あなどる) 戦・軍(いくさ) 迂闊(うかつ)
数(かず) 軽々しい(かるがるしい) 括る(くくる)
軽率(けいそつ) 軽薄(けいはく) 蔑む(さげすむ)
関の山(せきのやま) 高(たか) 高が知れる(たかがしれる)
戦い・闘い(たたかい) 等閑(なおざり) 暴虎馮河(ぼうこひょうが)
見縊る(みくびる) 油断(ゆだん) 油断大敵(ゆだんたいてき)
量(りょう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス