高が知れる

【意味】 高が知れるとは、大したことはない。

【高が知れるの語源・由来】

「たか(高)」は、「残高」「生産高」など数量・金額・程度を表す。
その「高」が知れることは、「程度がわかっている」「どのくらいか知れたもの」という意味であるから、「大したことはない」という相手や対象を軽く見た言葉となった。
「高をくくる」「たかが」「たかだか(古くは、たかたか)」も、この「たか(高)」である。
多いか少ないかを意味する「多寡」を用いて、「多寡が知れる」とするのは誤り。

【関連語】

侮る(あなどる) 粗方(あらかた) 迂闊(うかつ)
凡そ(およそ) 数(かず) 蔑む(さげすむ)
知る(しる) 少ない(すくない) 精々(せいぜい)
関の山(せきのやま) 大体(だいたい) 高(たか)
高を括る(たかをくくる) 小さい(ちいさい) 茶番劇(ちゃばんげき)
低い(ひくい) 見縊る(みくびる) 油断(ゆだん)
量(りょう) 僅か(わずか)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス