大正えび

【意味】 大正えびとは、大正えびとは、クルマエビ科の大形のエビで、高麗蝦(コウライエビ)の別称。体長20~27センチ。半透明の淡灰色。中国の黄海や渤海湾に棲息する。大正蝦。大正エビ。

【大正えびの語源・由来】

大正11年(1922年)、当時日本で最大のエビ取扱業者『林兼商店』と、『共同漁業(のちの日本水産)』の子会社『日鮮組』が共同事業『大正組』を興し、市場に送り出したものである。
『大正組』の名前は年号の「大正」に由来するが、大正えびは社名にちなんだもので、年号と直接関係するものではない。

【関連語】

イセエビ・伊勢海老(いせえび) ウシエビ・牛海老(うしえび) エビ・海老・蝦(えび)
オマール 会社(かいしゃ) クマエビ・熊海老(くまえび)
クルマエビ・車海老(くるまえび) サクラエビ・桜海老(さくらえび) サソリ・蠍(さそり)
ザリガニ シバエビ・芝海老(しばえび) シャコ・蝦蛄(しゃこ)
シュリンプ プローン ボタンエビ・牡丹海老
ロブスター

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス