タイマン

【意味】 タイマンとは、不良用語で1対1の喧嘩。「タイマンを張る」などと用いる。対マン。

【タイマンの語源・由来】

「一対一」の意味の「マンツーマン(man-to-man)」を変形させた「マン対マン」の上略と考えられ、「対マン」と表記するのもそのためであろう。
「タイマンを張る」の「張る」は、「張り合う」の意味である。
タイマンの語源には、古代中国でお互いが相手に腹を立てることを「対懣(たいまん)」と言ったことからという説がある。
この説は、1980年代に発売された雑学本にある作り話で、その雑学本を中心に語源を解説している日本語サイトによって広められ、インターネットの世界では通説として扱われるようになった。
「タイマン」の語が使われ始めた頃、不良の間では難しい漢字を使った当て字が流行していたため、タイマンが古代中国の言葉と言われて鵜呑みにしたのかもしれないが、当時使われていた漢字は、意味から漢字を当てたのではなく、「音」に合わせて難しい漢字を選び使っていただけである。
当て字を探す以外に辞書を使わなかった多くの不良少年が、中国語辞典にすら載っていない言葉を使って、「タイマン」と言うことは考えられず、中国語に詳しい一人の人物が言い出した言葉であったとしても、その人物を探し当てられるはずもなく、疑問しか残らない。

【関連語】

軋轢(あつれき) 抗う・争う・諍う(あらがう) 争う(あらそう)
戦・軍(いくさ) 諍い(いさかい) いざこざ
落とし前(おとしまえ) 蝸牛角上の争い 敵・仇(かたき)
蹴る(ける) 犬猿の仲(けんえんのなか) 喧嘩(けんか)
喧嘩腰(けんかごし) 拳固(げんこ) 拳骨(げんこつ)
骨肉相食む(こつにくあいはむ) 差し・指し(さし) 鞘当て(さやあて)
鎬を削る(しのぎをけずる) 宿敵(しゅくてき) スケ番(すけばん)
鬩ぐ(せめぐ) 戦い・闘い(たたかい) 叩く・敲く(たたく)
太刀打ち(たちうち) 啖呵を切る(たんかをきる) チンピラ
ツッパリ 角突き合い(つのつきあい) 鍔迫り合い(つばぜりあい)
とっちめる 殴る(なぐる) 張る・貼る(はる)
番長(ばんちょう) 揉める(もめる) 遣っ付ける(やっつける)
ヤンキー ライバル 竜虎相搏つ(りゅうこあいうつ)
リンチ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス