太公望

【意味】 太公望とは、釣りをする人。釣り好きな人。

【太公望の語源・由来】

太公望は、周代の政治家であった呂尚(りょしょう)の別名。
出典は中国の『史記(斉世家)』。
呂尚は大変な釣り好きで、渭水(いすい)という川で釣りをしていたところ、周の文王に「我が太公(周の祖)がんでいた賢人だ」と見いだされたという故事から、呂尚の釣り好きにちなんで、釣り人や釣り好きな人を「太公望」と呼ぶようになった。

【関連語】

アスリート アルピニスト エンスー
オタク 川・河(かわ) 魚(さかな)
三昧(さんまい) ジャンキー 好き(すき)
政治(せいじ) 釣り(つり) 虜・擒(とりこ)
フリーク マニア 夢中(むちゅう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス