太鼓持ち

【意味】 太鼓持ちとは、人にへつらい機嫌をとる者。宴席などに出て客の機嫌を取り、その席をとりもつことを職業とする男性。幇間。

【太鼓持ちの語源・由来】

人にへつらって機嫌を取る人をいうようになったのは、宴席などで席を取り持つ職業の「太鼓持ち」からであるが、太鼓も持たないこの職業が「太鼓持ち」と呼ばれるようになった由来は定かでなく、語源は以下のとおり諸説ある。
太鼓の演奏でうまく調子を取ることと、大尽の調子を取ることを掛けたとする説。
踊りやお囃子などで、鉦を持たない者は太鼓を持っていることから、「鉦」を「金」に掛け、金持ちに合わせて調子を取るところからとする説。
相手をおだてたり褒めたりすることを「持ち上げる」というが、太閤の機嫌を取るためにおだてることを「太閤を持ち上げる」の意味で「太閤持ち」といい、それが「太鼓持ち」になったとする説など。
この職業の正式名称は「幇間(ほうかん)」なので、太鼓持ちの当て字として「幇間」が用いられることもある。

【関連語】

宴(うたげ) 内股膏薬(うちまたこうやく) お座成り(おざなり)
煽てる(おだてる) 踊り・躍り(おどり) お囃子(おはやし)
おべっか おべんちゃら 阿る(おもねる)
金(かね) 鐘・鉦(かね) 花柳界(かりゅうかい)
機嫌(きげん) 客(きゃく) 腰巾着(こしぎんちゃく)
媚びる(こびる) 胡麻を摺る(ごまをする) 座敷(ざしき)
秋波(しゅうは) 太鼓(たいこ) 大尽(だいじん)
茶坊主(ちゃぼうず) ちやほや 調子(ちょうし)
提灯持ち(ちょうちんもち) 道化・道化師(どうけ・どうけし) ピエロ
日和見(ひよりみ) 諂う・諛う(へつらう) 幇間(ほうかん)
褒める・誉める(ほめる) 洞ヶ峠(ほらがとうげ) 水商売(みずしょうばい)
持つ(もつ) モノマネ・物真似(ものまね) ヨイショ
落語(らくご)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス