蓼食う虫も好き好き

【意味】 蓼食う虫も好き好きとは、蓼のような苦味のあるものでも好んで食べる虫がいるように、人の好みはさまざまであるということ。蓼食う虫。

【蓼食う虫も好き好きの語源・由来】

「蓼」は「ヤナギタデ(柳蓼)」のことで、茎や葉に苦味がある。
それを好んで食べる虫もいることから、人の好みはさまざまであるたとえとなった。
蓼を好んで食べる虫は「蓼虫(りょうちゅう・たでむし)」と呼ばれ、ホタルハムシなどの甲虫を指す。
出典は、中国南宋時代の随筆集『鶴林玉露(かくりんぎょくろ)』にある「氷蚕は寒さを知らず、火鼠は熱さを知らず、蓼虫は苦さを知らず、ウジ虫は臭さを知らず」といわれ、日本では江戸時代の狂言台本『縄綯(なわない)』に「たでくふ虫もすきずきと申すが…」とある。
この「蓼食う虫も好き好き」という言葉から、蓼虫しか食べないと思われることもあるが、人間も刺身のつまや蓼酢として食用にしている。

【関連語】

ウジ・蛆(うじ) カイコ・蚕(かいこ) 茎(くき)
毛嫌い(けぎらい) ゲテモノ 諺(ことわざ)
昆虫(こんちゅう) 刺身のつま 十人十色(じゅうにんといろ)
酢(す) 好き(すき) タデ・蓼(たで)
亭主の好きな赤烏帽子 苦い(にがい) 人間(にんげん)
ネズミ・鼠(ねずみ) 葉(は) 虫(むし)
ヤナギタデ・柳蓼(やなぎたで) 割れ鍋に綴じ蓋

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス