たちまち

【意味】 たちまちとは、非常に短時間で物事が行われるさま。すぐ。即刻。突然事態が発生するさま。にわかに。急に。

【たちまちの語源・由来】

たちまちは、立ったまま事の成りを待つ意味の「立ち待ち」に由来する。
現代のスピード感覚で言えば、立って待っている時間を「短時間」とは考えないが、「立ち待ち」は陰暦17日の夜の月(特に、陰暦8月17日の月)を表す「立待月(たちまちづき)」の略としても知られる。
この立待月は、立って待っている間(たちまち)に出る月の意味で、「たちまち」の語が生じた時代は、時間の感覚がゆったりとしていたのである。
立待月よりやや遅く出る18日の月(特に陰暦8月18日の月)は、座って待つ月の意味から「居待月(いまちづき)」、それよりも更に遅く出る19日の月(特に陰暦8月19日の月)は、寝て待つ月の意味から「寝待月(ねまちづき)・寝待ちの月」と言う。

【関連語】

呆気ない(あっけない) 慌ただしい(あわただしい) 生き馬の目を抜く
いきなり 急ぐ(いそぐ) インスタント
烏兎怱怱(うとそうそう) 遅い(おそい) 俄然(がぜん)
間髪を容れず(かんはつをいれず) 忽然(こつぜん) 直(じき)
直ぐ(すぐ) 素早い(すばやい) 座る・坐る(すわる)
青天の霹靂 刹那(せつな) 即座(そくざ)
即席(そくせき) 直ちに(ただちに) 立つ(たつ)
短兵急(たんぺいきゅう) 束の間(つかのま) 月(つき)
唐突(とうとつ) 時(とき) 咄嗟(とっさ)
突如(とつじょ) 突然(とつぜん) 俄(にわか)
寝耳に水(ねみみにみず) 寝る(ねる) 早い・速い(はやい)
降って湧く(ふってわく) ふと 待つ(まつ)
短い(みじかい) 矢庭に(やにわに) 藪から棒(やぶからぼう)
ゆったり

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス