タブー

【意味】 タブーとは、触れたり口に出してはならないと禁じられている事柄や物。禁忌。禁制。

【タブーの語源・由来】

タブーは英語「taboo」からの外来語。 英語「taboo」は、明確に印をつける意味のポリネシア語「tabu」「tapu」に由来し、「ta」が「しるし」、「bu(pu)」が「強く」を意味する。
元は、聖と俗、清浄と不浄、異常と正常を区別して、両者の接近・接触を回避・禁止し、それを犯した場合には、超自然的制裁が加えられるとする観念や慣習の総称であった。
これが社会秩序の中心や周辺に置かれ、忌み嫌って禁止されたり避けたりする事、一般に触ることや言ったりすることが禁じられている事柄を意味するようになった。

【関連語】

有るまじき(あるまじき) 言う・云う・謂う(いう) おくびにも出さない
隠す(かくす) 口を拭う(くちをぬぐう) 怪しからん(けしからん)
言葉(ことば) 御法度(ごはっと) 言語道断(ごんごどうだん)
沙汰の限り(さたのかぎり) シークレット 触る・障る(さわる)
印・標・証(しるし) 絶つ・断つ(たつ) 建前・立前(たてまえ)
黙る(だまる) ダメ・駄目(だめ) 秩序(ちつじょ)
噤む(つぐむ) とんでもない 秘密(ひみつ)
不届き(ふとどき) 不埒(ふらち) 不倫(ふりん)
触れる(ふれる) 滅相もない(めっそうもない) 以ての外(もってのほか)
モラル 止める・辞める(やめる) ルール

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス