ダッフルコート

【意味】 ダッフルコートとは、短めの丈で、ダブル前になったフード付きのコート。トグル(トッグル)をループで留めて着る。

【ダッフルコートの語源・由来】

「ダッフル(duffel)」は、ベルギーのアントワープ市近郊の町の名前。
ダッフル地方で作られた厚手の生地は「ダッフル」と呼ばれ、その生地で作られたコートなので「ダッフルコート(duffel coat)」と呼ばれるようになった。
元々は漁師たちが防寒用として着ていたもので、トグルが船の綱を繋ぎとめるための「留め木」からきていることや、手袋をしたまま留めたり外したり出来るのも、漁師が着るためだったからである。
機能的なダッフルコートは、第二次世界大戦時にイギリス海軍に着用され、戦後、軍用品の放出で一般にも広く普及した。
別名「モンゴメリーコート」とも呼ばれるが、「モンゴメリー」はイギリスのバーナード・ロー・モンゴメリー元帥が愛用していたことに因んだ呼称で、ダッフルコートの普及もモンゴメリーの影響があったといわれる。

【関連語】

アノラック エプロン カーディガン
カッパ・合羽(かっぱ) 割烹着(かっぽうぎ) 生地(きじ)
クローク ケープ 袈裟(けさ)
コート コスチューム ジャケット
ジャンパー ショール ストール
セーター セーラー服(ふく) 丈(たけ)
丹前(たんぜん) ちゃんちゃんこ 綱(つな)
トグル・トッグル 褞袍(どてら) トレンチコート
パーカー 羽織(はおり) バスローブ
ピーコート ファッション 服(ふく)
船・舟(ふね) ブレザー ポンチョ
マフラー マント 蓑・簑(みの)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス