ダイヤモンド

【意味】 ダイヤモンドとは、炭素の同素体の一。純粋なものは無色透明。天然物質の中で最も硬い。宝石・研磨材・切削工具などに用いる。4月の誕生石。金剛石。ダイアモンド。ダイヤ。

【ダイヤモンドの語源・由来】

ダイヤモンドは、天然の物質の中で最高の硬さを誇ることから、「何にも征服できない」を意味するギリシャ語「adamazein」と呼ばれた。
「adamazein」の「a」が否定辞、「damazein」は「征服する」という意味である。
「adamazein」がラテン語で「adamant(硬い石)」となり、「a」が取れて「diamond(ダイヤモンド)」に変化した。
ダイヤモンドがヨーロッパに広まる以前の文献に「adamas(アダマス)」の名が出てくるが、ダイヤモンドを指している訳ではなく、硬い石を指した呼称と考えられている。

【関連語】

アクアマリン アメジスト アレキサンドライト
石(いし) エメラルド オニキス
オパール ガーネット カーネリアン
堅い・固い・硬い(かたい) ガラス・硝子(がらす) カラット
キャッツアイ 金(きん) 銀(ぎん)
クオーツ クリスタル コーラル
ゴールド 琥珀(こはく) サードオニキス
サファイア サンゴ・珊瑚(さんご) ジェイド
シトリン ジュエリー ジルコニア
シルバー 真珠(しんじゅ) ストーン
スピネル ターコイズ タンザナイト
銅(どう) トパーズ トルコ石(いし)
トルマリン パール 翡翠(ひすい)
プラチナ ブラッドストーン ペリドット
ムーンストーン 瑪瑙(めのう) ラズライト
ラピスラズリ ルビー

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス