伊達

【意味】 伊達とは、侠気(きょうき・おとこぎ)を見せること。また、そのさま。人目をひく派手な行動や、派手な服装で外見を飾ること。好みが粋であるさま。洒落ているさま。

【伊達の語源・由来】

伊達政宗の家臣が、華美な服装で人目をひいたことからという説が有名である。
「伊達」の漢字が使われている由来は政宗にちなんだものと考えられるが、「だて」という言葉本来の由来と政宗は関係ない。
「だて」は「忠義立て」など、「ことさらそのように見せる」「いかにもそれらしく見せる」といった意味を表す接尾語「だて(立て)」が語源である。
この接尾語が、室町末期頃から名詞や形容動詞として独立した。

【関連語】

垢抜け(あかぬけ) 艶やか(あでやか) 粋(いき)
イケてる 鯔背(いなせ) 大袈裟(おおげさ)
お洒落(おしゃれ) 乙(おつ) 男伊達(おとこだて)
仰々しい(ぎょうぎょうしい) 煌びやか(きらびやか) けばけばしい
絢爛(けんらん) 豪華(ごうか) 豪奢(ごうしゃ)
豪勢(ごうせい) ゴージャス 地味(じみ)
伊達襟(だてえり) 伊達男(だておとこ) 伊達こき(だてこき)
伊達心(だてごころ) 伊達の薄着(だてのうすぎ) 伊達参り(だてまいり)
伊達巻き(だてまき) 伊達眼鏡(だてめがね) どぎつい
形振り(なりふり) ハイカラ 派手(はで)
華やか・花やか(はなやか) ファッション 服(ふく)
野暮(やぼ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

伊達(だて)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
伊達のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス