蛇足

【意味】 蛇足とは、付け加える必要のない余分なもの。不要なもの。余計な行為。

【蛇足の語源・由来】

蛇足は、『戦国策(斉策上)』の以下の故事に由来する。
中国の楚の国で、司祭者から召し使い達に祭りの酒がふるまわれた。
その酒は全員で飲むには足りない量だったため、召し使い達は話し合い、最初に蛇の絵を描き終えた者が酒を飲めることにし、皆で地面に蛇の絵を描きはじめた。
最初に描き終えた者が約束どおり酒を飲めることになったが、皆がまだ描いているのを見て、その男は余裕を見せ、左手に杯を持ったまま右手で足を描き加えていた。
次に描き終えた者がこの絵を見て、「蛇に足は無い。あなたの描いた絵は蛇ではない。」と言って杯を奪い取り、最初に描き終えた者は酒を飲むことができなかった。
楚の国が斉の国を攻撃した際、斉の「陳軫」が楚の宰相「昭陽」に対し、この話を例にして「あなたは既に最高の地位にあり、勝ったとしても出世はないが、蛇に足を描き加えた者のように、余分な戦いをして失敗したら今の地位を失いますよ」と言って、軍を引き上げさせた。
ここから、付け加える必要のない余分なものを「蛇足」と言うようになった。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 徒(あだ) 後の祭り(あとのまつり)
絵・画(え) おじゃん 夏炉冬扇(かろとうせん)
杯・盃(さかずき) 酒(さけ) 邪魔(じゃま)
出世(しゅっせ) 図に乗る(ずにのる) 台無し(だいなし)
猫に小判(ねこにこばん) 豚に真珠(ぶたにしんじゅ) ヘビ・蛇(へび)
水の泡(みずのあわ) 無駄(むだ) 元も子もない(もともこもない)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス