山車

【意味】 山車とは、神社の祭礼のときに引く、種々の装飾を施した屋台。さんしゃ。

【山車の語源・由来】

屋台の鉾につけた竹籠の編み残し部分を垂れ下げて出してあり、その部分を「だし」と言ったことに由来する。
その他、神を招き寄せるため外に出しておくことから、「出し物」とする説もある。
「山車」と書くのは当て字で、祭礼のときに、神の降りる「依り代」として小さな山を作っていたものが発展し、移動可能な車となったことから当てられたと考えられる。
関西では、「壇尻(だんじり)」や「山(やま)」という。

【関連語】

お囃子(おはやし) 神楽(かぐら) 籠・駕籠(かご)
神(かみ) 車(くるま) 大八車(だいはちぐるま)
タケ・竹(たけ) 壇尻・楽車(だんじり) 猫車・ネコ車(ねこぐるま)
ねぶた 法被・半被(はっぴ) 引く・曳く・退く・牽く・惹く(ひく)
矛・鉾(ほこ) 祭り(まつり) 招く(まねく)
神輿・御輿(みこし) 畚(もっこ) 櫓(やぐら)
屋台(やたい) 山(やま) リヤカー

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス