だるい

【意味】 だるいとは、疲れていて体を動かすのが億劫である。かったるい。

【だるいの語源・由来】

だるいは、「だるし」の口語。
「だるし」は「たるし」を語頭濁音形にした語で、マイナス要素を含む語のため、語頭が濁音化したと考えられる。
方言に「たるい」が広く分布しているのも、元が清音形であったからであろう。
「だるし」は「たるむ」「たゆむ」と同源で、「みたる(身垂る)」の形容詞化「みたるし」からと思われる。

【関連語】

アンニュイ 憂い(うい) 億劫(おっくう)
かったるい 体(からだ) きつい
草臥れる(くたびれる) グロッキー 気怠い(けだるい)
倦怠(けんたい) 所在無い(しょざいない) しんどい
退屈(たいくつ) 弛む(たゆむ) 弛む(たるむ)
垂れる(たれる) 疲れる(つかれる) 身(み)
面倒臭い(めんどうくさい) 物憂い(ものうい) 緩い(ゆるい)
煩わしい(わずらわしい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

だるいの類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス