断腸の思い

【意味】 断腸の思いとは、はらわたがちぎれるほどの悲しい思い。

【断腸の思いの語源・由来】

断腸の思いの「断腸」は、中国『世説新語(せせつしんご) 黜免(ちゅつめん)』の故事に由来する。
中国、晋の武将桓温が船で蜀へ行く途中、三峡を渡ったとき、従者が子猿を捕らえて船に乗せた。
母猿が連れ去られた子猿の後を岸伝いで追い、百里あまり行ったところで船が岸に近づくと、母猿は船に飛び移ったが、そのまま死んでしてしまった。
母猿の腹を割いてみると、腸がずたずたに断ち切れていた。
この故事から、はらわたがちぎれるほどの耐え難い悲しみを「断腸」、「断腸の思い」などと言うようになった。

【関連語】

項垂れる(うなだれる) 思う・想う(おもう) 肩を落とす(かたをおとす)
がっかり・がっくり 悲しい・哀しい(かなしい) 苦肉の策(くにくのさく)
苦しい(くるしい) サル・猿(さる) 残念(ざんねん)
悄気る(しょげる) 切ない(せつない) 辛い(つらい)
塗炭の苦しみ(とたんのくるしみ) 泣いて馬謖を斬る 嘆かわしい(なげかわしい)
情けない(なさけない) 腸(はらわた) 空しい・虚しい(むなしい)
無念(むねん) 滅入る(めいる) 物悲しい(ものかなしい)
遣る瀬無い(やるせない) 落胆(らくたん) 侘しい(わびしい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

断腸(だんちょう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
断腸の思いの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス