だんご

【意味】 だんごとは、米や雑穀の粉に水を加えてこねてを丸め、蒸したり茹でたりしたもの。

【だんごの語源・由来】

だんごの語源は諸説あるが、遣唐使が日本に持ち帰った唐菓子のひとつ「団喜(だんき)」に由来し、粉を使うことから「団粉」となり、小さいものであることから「団子」に変化したというのが通説である。
今日「だんご」と呼ばれるものと、鎌倉後期の『厨事類記』に書かれた「団喜」の形は近く、南北朝時代の『拾芥抄』では唐菓子の「団喜」が「団子(だんす)」と記されている事などから、妥当な説といえる。
近世以降「だんご」と読む例が増えるが、それ以前は「だんし」「だんす」の例も多く見られる。
上記以外の説では、中国の『東京夢華録(とうけいむかろく)』に夜店などで売っている食べ物の記録として「団子」があり、それが日本に伝わったとする説。
形が丸く小さいところからや、練り集めたものなので「団」は「集」の意味とする説などがある。

【関連語】

安倍川餅(あべかわもち) 餡(あん) あんころ餅(あんころもち)
いきなり団子(だんご) 鶯餅(うぐいすもち) 鶉餅(うずらもち)
御萩(おはぎ) 鏡餅(かがみもち) 菓子(かし)
柏餅(かしわもち) 鹿の子餅(かのこもち) 黄な粉(きなこ)
求肥(ぎゅうひ) 串(くし) 粉(こな)
捏ねる(こねる) 米(こめ) ずんだ餅(ずんだもち)
善哉(ぜんざい) 雑煮(ぞうに) 大福(だいふく)
ダンゴイカ・団子烏賊 ダンゴムシ・団子虫(だんごむし) 小さい(ちいさい)
粽(ちまき) 月見(つきみ) つくね
つみれ 鳥の子餅(とりのこもち) 練る・錬る・煉る(ねる)
花より団子(はなよりだんご) 牡丹餅(ぼたもち) 丸・円(まる)
饅頭(まんじゅう) 水(みず) 御手洗団子(みたらしだんご)
蒸す(むす) 餅(もち) 茹でる(ゆでる)
蕨餅(わらびもち)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス