大黒柱

【意味】 大黒柱とは、日本民家の中央にある最も太い柱。家族や国など集団の中心となり、それを支える人物。大極柱とも。

【大黒柱の語源・由来】

大黒柱の語源は、朝堂院の正殿「大極殿(だいこくでん・だいごくでん)」の柱を「大極殿柱」ということから、「大極柱」になったとする説。
室町時代から、恵比寿大黒の大黒様は富を司る神として祭られていたため、大黒天にちなみ「大黒柱」になったとする説。
国の中の柱という意味の「大国柱」の「大国」が転化し、「大黒柱」になったとする説などあるが、正確な語源は未詳。

【関連語】

主(あるじ) 家(いえ) 一枚看板(いちまいかんばん)
恵比寿(えびす) 大御所(おおごしょ) 大立者(おおだてもの)
長(おさ) 親(おや) 親方(おやかた)
親父(おやじ) 親玉(おやだま) 親分(おやぶん)
顔役(かおやく) 頭(かしら) 神(かみ)
牛耳る(ぎゅうじる) 国(くに) 大黒天(だいこくてん)
大臣(だいじん) 立役者(たてやくしゃ) 知事(ちじ)
亭主(ていしゅ) 頭取(とうどり) 胴元(どうもと)
頭領(とうりょう) 棟梁(とうりょう) トリ
ドン 柱(はしら) ボス
リーダー 領袖(りょうしゅう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

大黒柱(だいこくばしら)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス